ヒイラギ

Osmanthus heterophyllus


常緑小高木。樹皮は、帯褐灰白色で平滑、光沢がある。

葉は、十字対生し、厚い革質、鋸歯の先に刺があるが、老木では、無くなる。

10、11月に、多数の小さい白花をつける。

暖帯に分布するが、西日本には少ない。

材は、器具、楽器、印判、将棋の駒、そろばん珠など。

分布 本州(磐城以南)、四国、九州、屋久島、琉球、台湾。


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ