ヒノキ

Chamaecyparis obutusa


常緑大高木。樹皮は、赤褐色。

葉は、鱗片状で十字対生。下面に白色の気孔群があり、Y字形となる。

 材は、芳香があり、優良で建築材、家具材として利用され、林業上重要。

分布 本州(福島以南)、四国、九州、屋久島。


針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ