ヒメウツギ

Deutzia gracilis


落葉低木。樹皮は、淡黄灰色。

葉は、対生し、卵形で鋭尖頭をなす。細鋭鋸歯が全縁にある。

葉の上面は鮮緑色、下面は、淡緑色。

5〜6月、白い花を開く。

暖帯から温帯の山地の湿気の多い岩上に生ずる。

庭園木や切り花として利用される。

分布 本州(福島以南)、四国、九州



広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ