ヒノキアスナロ

Thujopsis dolabrata var. Hondae


常緑大高木。樹皮は、赤褐色。

葉は、アスナロよりやや小さい。

球果は、ほぼ球形で、果鱗の先端は、長く突出しない。

材は、建築、家具、漆器などに利用される。

分布 北海道渡島半島、本州北部(下北、津軽半島、早池峰山、佐渡島など)


針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ