ハナノキ

Acer pycnanthum


落葉大高木。樹皮は、灰色で縦裂する。

葉は、対生し、五角状で、浅く3裂し、不整鋸歯がある。

葉の下面は、粉白色。葉柄は、2〜9cm。

4月、葉に先立って紅花を束ねて咲かす。

暖帯から温帯の限定された地域に分布し、湿地を好む。

庭木として植えられる。葉と樹皮の煎じ汁を目薬にする。

分布 本州(長野、愛知、岐阜、滋賀)



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ