ハナイカダ

Helwingia japonica


落葉低木。

葉は、互生し、尾状の鋭尖頭となる。低鋸歯縁をもち、葉の下面は、淡緑色。

4、5月に、新葉の中央に5ミリの淡緑の花を着ける。

8、10月に、この実が紫黒色に熟す。

温帯から暖帯に分布し、谷間の陰湿地に多い。

庭木として使われ、若葉は、おひたしとする。

分布 北海道、本州、四国、九州。


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ