ハクサンボク

Viburnum japonicum


常緑小高木。樹皮は、帯暗紫褐色。

葉は、対生し、革質、広倒卵形で歯牙状低鈍鋸歯縁をなす。

葉の上面には、光沢があり、下面は、淡緑色で黒い腺点が散在する。

3〜4月、新枝に小さい白花を密生する。

暖帯から亜熱帯に分布し、海の近くに多い。

材は、道具の柄、木釘などに使われる。果実は、食用になる。庭園樹としても植えられる。

分布 本州(山口県)、四国、九州、琉球、台湾



広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ