エノキ

Celtis sinensis var. japonica


落葉大高木。樹皮は、黒灰色でほぼ平滑。

葉は、互生で、上縁に小さい鋸歯があり、左右不等。葉の両面ともざらつく。

温帯から暖帯の向陽適潤地に広く分布する。

材は、建築、器具、薪炭材に利用され、果実は食用となる。

分布 本州、四国、九州、朝鮮、中国。


広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ