エゴノキ

Styrax japonica


落葉小高木。樹皮は、帯紫暗褐色で浅く縦裂する。

葉は、互生、卵形で、先端は、鋭く尖る。

5〜6月、白花を垂下する。

暖帯から温帯の適潤地に生ずる。

材は、玩具、器具、彫刻、傘の柄などに使われる。

分布 北海道(西部)、本州、四国、九州、琉球、朝鮮、中国


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ