ビワ

Eriobotrya japonica


常緑小高木。樹皮は、灰褐色で平滑。

葉は、互生し、倒皮針形で鋭頭。革質。

葉の辺縁に波状低鋸歯がある。葉柄は、10mmと短い。

冬に、帯黄白花を密に開く。

果実は、6月に熟し、食用とする。

暖帯に分布し、石灰岩地域に多い。

材は、木刀、杖、印材、櫛などに利用される。

分布 本州(関東以西)、四国、九州、中国


広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ