バクチノキ

Prunus Zippeliana


常緑高木。樹皮が鱗片状に剥離し、まだら状となる。

葉は、互生、革質で光沢がある。

9、10月、当年枝に白花を密生する。

亜熱帯から暖帯の沿海の谷を好む陰樹。

材は、器具、薪炭。葉は薬用(鎮咳薬)とする。

分布 本州(房総以西)、四国、九州、琉球、台湾。



広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ