アスナロ

Thujopsis dolabrata


常緑高木。高さ30mにもなる。樹皮は、赤褐色。

葉は、鈍頭の鱗片状。下面は、白色。

材には、香気があり、建築材、家具材、漆器木地につかわれる。

日光、利根川源流、木曽に群生地が見られる。能登半島では、古来から植林されている。

青森ヒバ(var.Hondai)は、この変種で、葉がやや小さい。

分布 本州、四国(徳島)、九州。


針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ