アサノハカエデ

Acer argutum


落葉低木。樹皮は、灰色または灰褐色で平滑。

葉は、対生し、掌状で5−7裂、葉の裂片には、欠刻状の重細鋸歯がある。

基部は心形、草質、上面は、深緑色、無毛、下面は、淡緑色で短い白毛を残存する。

葉柄は、3〜10cm で、帯紫紅色をなし、上面に溝がある。

5−6月、新葉とともに開花する。

翼果は、9−10月に熟す。

温帯山地に分布し、谷間の湿潤な陽地に生ずる。北陸地方には少ない。

材は、器具材、楽器材などに使用する。また、庭木として植えられる。

分布 本州(福島以南)、四国



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ