アラカシ

Quercus glauca


常緑中高木。樹皮は、黒褐色で裂け目はない。

葉は互生。皮質で、葉縁上半に疎な鋭い鋸歯がある。下面は、灰白色を帯びる。

葉柄は長い。

本邦での最も普通のカシ。生け垣、庭園樹としても植えられる。

材は、建築材、器具材、薪炭材などに使われる。

分布 本州(福島以南)、四国、九州、琉球、台湾、中国、ヒマラヤ


広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ