アオモリトドマツ

Abies Mariesii 


常緑大高木。樹皮は、帯紫暗灰色で平滑。

枝は密に出、円錐形の樹冠をなす。

葉は、線形で、下面は、白色。

本州中北部の亜高山帯林の主要構成樹種で、コメツガ、シラベと混生する。

材は、建築材、包装材、パルプ材として利用。

分布 本州(青森以南、岐阜、福井まで)。



針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ