アオハダ

Ilex macropoda


落葉中高木。樹皮は、帯緑灰白色で平滑、こぶ状突起がある。

葉は、長枝に互生し、細鋭鋸歯がある。下面は、光沢がある。

花は、5−6月に咲く。果実は、10月頃赤く熟す。

温帯の陽性適潤地に生育し、尾根筋に見られる。

材は、白色で、寄せ木細工、器具材、ろくろ細工、マッチ軸木に使われる。 若芽は食用、葉は茶の代用にする。

分布 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国。


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ