アコウ

Ficus Winghtiana


大高木。春新葉の出る前に旧葉が落ちる。

樹皮は、淡い褐色で溝がある。

葉は、枝先に群生し、新葉は帯赤色。葉質は厚く長さ20cm程度。

葉柄は3−5cm。

葉枝を傷つけると白乳液が出る。

春、短い柄をもつ隠頭花序を出す。雌雄同株。

果実は、8−9月に熟し、淡紫色となる。

暖帯南部から亜熱帯に分布し、通常、他樹に着生し、気根でその樹を覆って枯らす。

街路樹、防風樹などとして植えられる。

材は、挽き物、樽、器具、薪炭などに使われる。

分布 本州(和歌山県)、四国、九州、琉球、台湾、中国南部



広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ