アキニレ アキニレの葉

Ulmus parvifolia 


落葉中高木。樹皮は、灰褐色で著しい斑紋がある。

葉は、互生で、2−5cmと小さく、 左右不整で鈍鋸歯がある。

暖帯の河畔に生じる。

材は、車両、くり物などに利用される。

分布 本州、四国、九州、朝鮮、台湾、中国。


広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ