アカメヤナギ

Salix chaenomeloides


落葉高木。幹は通直で、樹皮は、灰褐色で縦裂し、薄片となって剥げる。

葉は、互生で長楕円形、短い鋭尖頭をなし、微細鋸歯がある。 洋紙質、葉の上面は緑色無毛、下面は粉白色。

花は、3−4月に新葉とともに開花する。雌雄異株。

さく果は、5月に卵形に熟す。

川岸、湖畔に生育する。

材は、下駄材、箱材などに使う。庭木や護岸に植えられる。

分布 本州中部(関東以西)、四国、九州、朝鮮、中国中部。


広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ