アカメガシワ

Mallotus japonicus


落葉中高木。樹皮は、黄褐色で網目状の割れ目がある。

葉は、互生、葉柄は、長く紅色を帯びる。

暖帯から亜熱帯の二次林にごく普通に分布し、陽性の谷間に多い。

材は、床柱、箱、盆、下駄などに利用。葉は、古来食物を包むのに使用していた。

分布 本州(秋田、宮城以南)、四国、九州、朝鮮、琉球、台湾、中国


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ