アカマツ

Pinus densiflora


常緑大高木。樹皮は、赤褐色で亀甲状に割れる。

葉は、二葉で軟らかく、淡い緑色。

温帯や暖帯に普通に見られ、やせ地や酸性土壌にも生え、丘陵に多い。

 材は、建築、土木、パルプに使われる。

分布  本州、四国、九州。



針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ