九重登山のページ 3


夏場でも日差しがきつくない森林浴コース


目次

鳴子川
MENU
九重全体地図
九重登山の総合案内 (地図案内)
久住山大船山縦走 with Video
三俣山小さな縦走
黒岳男池コース
星生新道
大船山東尾根コース
前岳・黒岳縦走
平治岳北尾根コース
立中山・鉢窪大迷い
大戸越・大船山・風穴コース
南登山路四山周遊コース
湧蓋山・一目山縦走
大船山ミニ縦走  
雪のスガモリ経由大船山 
前岳・高塚縦走再び
平成20年のミヤマキリシマ
花のハイキング猟師山合頭山 
泉水山黒岩山から中岳御池周遊
岩井川岳・扇ヶ鼻往復
雨ヶ池大船山往復 
マンサクとユキワリイチゲ 
大船山東尾根と風穴
大船山と平治岳 
平成21年のミヤマキリシマ 
牧の戸から長者原へ−九重中心部の周遊  
初秋の北大船山と大船山 
秋の高原−湧蓋山 
平成22年牧の戸から星生山・久住山
大船山定番のミニ縦走 
扇ヶ鼻のミヤマキリシマとオオヤマレンゲ 
岩井川岳ハイキング  
赤川から扇ヶ鼻・稲星山 
男池大戸越経由大船山 
初秋の三俣山周回  
湧蓋山周遊  
平成23年 マンサクとユキワリイチゲを探る 
再び大船山定番のミニ縦走 
黒岳シャクナゲ 鑑賞コース
ミヤマキリシマ鑑賞コース 
夏の泉水山から黒岩山 
入山公墓から大船山・風穴 
扇ヶ鼻往復 
大船山8の字コース 
冬の久住山往復 
平成24年 Spring Ephemerals
初夏の大船山周遊コース
ミヤマキリシマ状況調査 
男池から平治岳
大船山東尾根コース
坊ヶつる周回コース
牧の戸からの4峰周遊コース 
平成25年 おすすめしない大船山コース 
久しぶりの前岳高塚雨堤
ミヤマキリシマ平治岳コース 
大曲から中岳往復コース  
赤川から扇ヶ鼻・久住山 
秋の大船山 
平成26年マンサク・ユキワリイチゲ鑑賞 
三俣山周回コース 
吉部から大船山周回 
男池→風穴→天狗岩→黒岳
 
 新緑良し、紅葉も良しの黒岳だが、真夏だってGood! 
 おいしいわき水が飲み放題、森林浴のメッカ。夏でも涼しい風穴あり。というわけで、おなじみの黒岳一般ルートのご紹介。


2006年8月16日(水) 晴れ 気温32℃ 男池24℃

男池 − (50分) − ソババッケ − (30分) − 奥ゼリ ー (30分) − 風穴 − (50分) − 天狗 − (30分) − 高塚 − (40分) − 風穴 − (30分) − 奥ゼリ − (30分) − ソババッケ − (40分) − 男池


今回の登山コース(クリックしてください)


黒岳地図


男池  男池 8時30分平日で人も少ない。標高900m。入り口では100円の掃除代を払う。
かくし水  男池から歩いて20分程度にある「かくし水」。この水は本当においしい。
男池から「かくし水」まで標識あり。
ソババッケ  ソババッケの風景 コゲラのドラミングやアオバトの変な鳴き声、クロツグミのきれいな声が聞こえる。
 ソババッケは「そば畑」のなまりか?
ソババッケより北大船山  ソババッケより北大船山方面を望む。
汗が出て止まらない。ここで大休止。
奥ゼリ分岐  奥ゼり分岐点 ここから岩がゴロゴロしたところが増えてくる。
風穴分岐  風穴のある黒岳登山口 男池からここまで2時間から2時間半かかる。
風穴  登山口の右手奥にある風穴(ふうけつ)。 
 中にはロープが2本ある。中は夏場でもひんやりしている。昔は鉄のはしごがあった。
風穴の中  風穴の内部。
 ロープを頼りに降りて、撮影。
 真夏なのに、なぜかゾクッとする。夏でも氷が見られる。
風穴登山口からの登り  風穴の黒岳登山口から急登が続く。最初の20分くらいの登りは、登山路が荒れていて、ロープを頼りに少しずつ高度を稼ぐことになる。歩きにくいこと甚だしい。
天狗別れへの標識  風穴より35分の所にある天狗別れ。 ここを右に行けば天狗岩と高塚の中間点へ行く。標識が外れているが、ここを左前方に進むとまっすぐ高塚に通じる。
天狗別れ  天狗別れ ここでは右に進む。
天狗岩  消えかかった黄色のペンキを目安にゆっくり岩を這って登る。所々岩の間が開いているので気をつける。風穴から小一時間で天狗岩に到着。1556m。
高塚山から見た天狗岩  天狗から高塚へは元来た道をたどり、30分で高塚に到着。1587m。振り返ると天狗岩の山頂が見える。
高塚山山頂  高塚山頂には黒岳の標識がある。お多福山の別称も書いてある。ここのすぐ右には上台・下台から前岳を経て黒岳荘へのルートがある。


 登りは順調だったが、降りでは膝が痛くてしょうがなかった。多くの方が書いているように、これからはダブルストックや膝のテーピングを用意しようと思った。また、日頃の訓練(スクワットやウォーキングなど)の必要性も痛感する今日この頃である。

 さて、次は大曲から星生新道をたどり、地味な山コンビの星生山と稲星山を縦走するコースを紹介する。



登山のページへ 
 登山のページ



                    back                 home               next