2001年、冬。

新たな時代に誘われて、一匹の兎が臨海都市に降り立った。
その兎の名は、黒兎。

ビッグサイトの人の波に流されていると、息も絶え絶えになりながらカメラを構える道化師と目が合った。
彼は哀しそうな・・・でも嬉しそうな顔をして黒兎にカメラを託した。

”僕の代わりに、このカメラで素敵なコスプレ写真を撮って欲しい”

そう言い残し、彼はこの世から去った。

 

ある日、笹熊猫にまたがり黒兎は旅に出た。
その道化師に代わり、小さな幸せと素敵なコスプレ写真を集めるために・・・。

 

しかし、この時点で黒兎はそのカメラが封印された「禁域(Forbidden Ground)」へのカギとなることを知る由も無かった・・・。

 


↑画像をクリックすると続きへ行きます。↑

(このあらすじはある意味フィクションです。)