リンク元戻る

1 期友の消息

梨本徳彦さんの訃報

2238

,

・平成1927 卒去されていた。
小田部雄次氏著『皇族』による。

平成20年の物故者のまとめ

.

,

清水正巳、吉田弘俊、前田孝正、花田賢司、桧垣保雄、大島清二、鈴木好和、堀江一間の諸兄

平成21年の物故者のまとめ

.

,

柴正文、田代一朗、大場健三、上原道男、芦田収、柳原寛三、谷光司、鬼塚義雄の諸兄

平成22年の物故者のまとめ


, , 広崎亮二、乙部英爾の諸兄
鯨岡(旧姓大平)洋の訃報 23・2・21 , ・心筋梗塞を患ったこっとがあった。
・福島県磐城中学校出身
・40期飛行学生終了
・終戦時の配置、724空。橘花攻撃機受領予定航空隊
・戦後、静岡銀行勤務後東和運輸倉庫葛ホ務
・平塚市

会員の現状

2302
21

,

入校時          601
卒業時          581
戦中戦没         331
終戦時復員       250
現在の健在者       90名

最後の慰霊祭出席者 42名
最後の懇親会出席者 29名

靖国神社遊就館で
『神風』をテーマにした特別展開催

, ,

特攻で戦死した故海軍中佐辻誠夫君の白い絹のマフラーが展示されている
・特攻したミンドロ島の南にあるセミララ島付近で被弾、不時着、戦死したのであろうか? 来敵した米兵が持ち帰ったものらしく、経路不明で辻家に帰ったものである
・マフラーには家族の名前が書きもまれているという


2 七一会解散後の近況


平成21年度の戦没者慰霊祭
(最後の慰霊祭)


祭文常広栄一君奏上

21530

・ご遺族、68期先輩、期友あわせて235名の参列を得て、厳粛盛大に無事終了した。
・今年は最後の慰霊祭ということで大勢になったため神殿での玉串奉尊は2回に別れて行なわれた。
・来年からは毎年七十一期生が海軍少尉に任官した六月一日午後二時昇殿、永代神楽祭が挙行されるので靖国神社参集殿に参集。案内状は出さないとのことである。

最後の秋の懇親会
(71会の解散)

211115

・期友会員29名(同伴者14名)、遺族会員11名の参加を得て実施された。
クラス会解散後の連絡については結論を得なかった。

細谷孝至君主催の71会の集い

22414

銀座・並木通り、三笠会館本店にて、期友20名近く、付き添い、ご遺族を合わせ40余名で終了
・クラス会解散後の名称をどうするか
・実施回数は年2回が適当。次回は10月に
 以上は小野蘭二君からのお知らせによる

71会解散後初めての
靖国神社における永代神樂祭実施

2261

・小野蘭二君主催のもと、期友20名参加で行われた。
・直会の昼食会には39名が参加、参加しないご遺族が多くあったと、 三神君の知らせによる。

江田島津久茂寺における慰霊祭

221010

 品覚寺に参集したのは次の7人であった
故上野立雄君の長男・光雄さん、(戦没者))畠山信君の弟さん夫妻、故桑原茂樹君の娘さん(照美さん、茂美さん)。
・清瀬一弘君、伊藤茂君
今後は三神君に代わって上野君のご子息がお世話くださるとのことである。
(以上・伊藤茂君からの電話による)