a kalendis quintilis MCMIC

Used camera impressions

なによりもカメラは写真を撮るための道具である。残酷な時の流れに抗えず、いまや不幸にしてその第一義を全うすることのおぼつかない機械も増えてきてはいるが、陳列棚に飾って眺めたり崇めたりするためのものではない。そういうことは博物館や記念館に任せておけばよいのであり、個人として所有するのであればせめて年に1度はフィルムを通して、カメラがカメラであることの存在意義を確認させてやるべきだ。ものによっては半世紀以上を生き延びてきた機械だし、現行機並みに酷使するには耐えられない脆さを持っているだろう。あるいはまったくお話にならない性能の悪さに、贔屓目にみたところでとても実用機として使用するわけにはいかない機械もあるだろう。わたくしはなにも十把一絡げに陳列棚から引きずり降ろし、もって家畜の如く扱えと云っているのではない。文化遺産だとか歴史的価値だとかくだらないことを云う前に、まず道具として扱いなさいと云っているだけのことなのだ。たとえそれが国宝であっても、湯飲みとして使われない湯飲みにどれほどの価値があるのか。人間が作ったものである以上、いつかは壊れる時が来る。その時をむやみに早める必要はないが、かといってまだ使えるものを死蔵して、寿命を引き延ばそうと画策することもないだろう。機能を伴わない美を鑑賞したいのであれば、壊れて動かなくなった機械をその用に充てなさい。そして機能美は、まさに機能させてこそ美しい。

ここに掲げるリストは、一度はフィルムを通して使ったことのある写真機さまざまの個人的な記憶のリストであり、薄墨はいまは手許にないか、壊れてしまった機種。
写真を入れたらなんだか通販カタログみたいになってしまったが、もちろん売ってるわけではない。ちなみにこのページをもって購入の参考にしようと考えている向きがあったら、感想の基準はコンタックスIIであることに留意しないととんでもない目に遭うかも。

★一眼レフレックスカメラ ★二眼レフレックスカメラ ★レンジファインダーカメラ
撮影レンズを通してピント合わせとフレーミングを行なうカメラ 撮影レンズ繰り出しに連動するかまたはしないビューレンズを通して、ピント合わせとフレーミングを行なうカメラ 撮影レンズ繰り出しに連動するかまたはしない距離計を搭載するカメラ
★ビューファインダーカメラ ★折り畳み中判カメラ ★ボックスカメラ
ファインダーはフレーミングを行なうだけのもので、ピント合わせは目測または電気式オートフォーカス機構で行なうカメラ 蛇腹式のレンズボード収納装置を持ち、携帯時には折畳んでコンパクトになる中判カメラ 通常撮影レンズは単玉であり、反射式のビューファインダーが付属する箱型のカメラ

INSTRVMENTVM-indexへ戻る