ムダな公共事業バラマキを許すな!

〜公共事業改革市民会議が緊急院内集会〜




トップページにもどります
「ニュース」にもどります


 (2013年)2月15日、「公共事業ありきの補正予算13兆円!? そのまま通して予算委員会(いいんかい)?」と銘打った緊急院内集会が参議院議員会館で開かれました。主催は「公共事業改革市民会議」です。約100人が参加しました。


補正予算案の慎重審議を求める

 安倍内閣は、総額13.1兆円の2012年度補正予算案を国会に提出しました。その中心は公共事業バラマキです。「日本経済再生に向けた緊急経済対策」や「国土強靱化」を旗印にしています。その財源は消費税の増税です。補正予算が成立したら、ムダな公共事業が全国各地で促進です。環境破壊も進みます。

 そこで、「市民会議」が補正予算案の慎重審議を求めて集会を開きました。「市民会議」は、道路、ダム、湿地埋め立て、スーパー堤防などの公共事業や自然保護にとりくんでいる市民団体や個人が今年1月に立ち上げたものです。

 集会では、「公共事業で日本経済は再生するか?」というテーマで五十嵐敬喜さん(法政大学教授)が講演しました。こんな話をしました。
    「安倍政権の『国土強靱化』は、反対しづらいうたい文句を掲げている。インフラの老朽化や首都直下型・南海トラフ地震などへの対策だ。しかし、『国土強靱化』の中身はなにもみえない。官僚に取材すると、“まずは額を確保する”と言っている」

 生活の党、共産党、民主党、社民党の国会議員も出席し、補正予算案に反対することを表明しました。

 最後に、ムダで環境破壊の公共事業を中止させるために活動している10団体が報告とアピールをしました。




「公共事業改革市民会議」が開いた緊急院内集会=2月15日、参議院議員会館






★関連ページ

このページの頭にもどります
「ニュース」にもどります

トップページ | 三番瀬 | 産廃・残土 | ニュース | 自然・環境問題 | 房総の自然 |
環境保護団体 | 開発と行財政 | 催し物 | 自然保護連合紹介 | 書籍・書評 | リンク集 |