★七里川渓谷と追原ダム計画


七里川渓谷と追原を詠む


追原を歩く会事務局長  北澤真理子

  




紅葉の七里川渓谷




 新日本歌人協会・千葉歌会のみなさんが、1998年11月22日、23日の2日間、紅葉美しい七里川渓谷と追原を訪れました。
 22日、茂原駅前に集合した一行11人は、菊まつりで渋滞の養老渓谷を抜け、追原への道をたどりました。

   楢くぬぎ楓ようやく色づきて
  上総丘陵に冬陽くまなし
             上杉章子


   渡る人のきまってしばし足止める
  吊橋の上流も下流も紅葉
                         上杉章子

七里川にかかる東大演習林の吊り橋を渡れば、追原はもうすぐです。暗い杉の林を抜けると、農具小屋と炭焼き窯の跡があります。

  未だ若き杉の木林畑跡
  農具残して追原去りし
                         佐藤里水


  山砂利に炭の欠片の混ざりあう
  道は炭焼き窯の跡へと続く
                        北澤真理子


 そして追原の石垣は、みんなの想像をかきたてました。

  石垣を積みたる屋敷の跡のあり
  逃れ住みしかこの「追原」に
                        渡辺千代子


  落人の住処の跡か石垣の
  崩るるままに厚き苔むす
                        葉山悠水


 石垣の奥の大楓は、ひっそりとしかししっかりと立っていました。七百年の時を過ごしてきた生命の風格は、人々を圧倒しました。

  羊歯、南天、もみじ宿らせ岩ほどの
  根瘤もちし巨き樹の立つ
            長田裕子


  追原に古き館を訪ぬれば
  自然守れと大樹居座る
                        岩淵正義


 日はあっという間に暮れかけて、屋敷跡を見守るようにある小さい墓地もいよいよ暗くなりました。  

  文政の年号きざみし墓群に
  日はささずして遠き祖のこえ
            行木幹雄


  何者に追われしならむ一族の
  墓処(はかど)に深き追原の闇
            関口 勲


 闇に包まれた追原は、もう人の世界ではなくなっていました。私たちは門限に遅れた子供のように、心を残しつつも急いで山道を下りました。

  昼は暗き杉の林に白き靄(もや)
  湧きだしてきて追原暮れる
           北澤真理子


  追原は人とけものの入り会い地 
   猪の掘りし土あと新た
            上杉章子


 美術家の佐藤さんは、追原がすっかり気に入って、翌朝早くスケッチに訪れました。

  猫じゃらしの髭の一本一本に
  朝露をため光る川岸
            佐藤 寛


 翌日も、ぬけるような青空が広がり、七里川渓谷は一年で一番きれいな姿を私たちに見せてくれました。

  山帰来 猿捕り茨と知りてより
  まなこに痛し赤き実の色
            上杉章子

 そして追原ダム計画に反対する運動をしている私たちに、こんなフェイントつきの応援の歌もできました。

  年経れば世に粋狂な人ら出で
   この荒れ野原のこせと騒ぐ
            近藤信之


 七里川そして追原の一帯が、ダムに沈むことを憂える人の輪が、また一段と広がった吟行会でした。もっともっと多くの人に追原を知らせたいと思いました。  新日本歌人協会・千葉歌会のみなさんが、1998n11月22日、23日の2日間、紅葉美しい七里川渓谷と追原を訪れました。  22日、茂原駅前に集合した一行11人は、菊まつりで渋滞の養老渓谷を抜け、追原への道をたどりました。

  楢くぬぎ楓ようやく色づきて
  上総丘陵に冬陽くまなし
             上杉章子


   渡る人のきまってしばし足止める
  吊橋の上流も下流も紅葉
                         上杉章子


七里川にかかる東大演習林の吊り橋を渡れば、追原はもうすぐです。暗い杉の林を抜けると、農具小屋と炭焼き窯の跡があります。

  未だ若き杉の木林畑跡
  農具残して追原去りし
                         佐藤里水


  山砂利に炭の欠片の混ざりあう
  道は炭焼き窯の跡へと続く
                        北澤真理子


 そして追原の石垣は、みんなの想像をかきたてました。

  石垣を積みたる屋敷の跡のあり
  逃れ住みしかこの「追原」に
                        渡辺千代子


  落人の住処の跡か石垣の
  崩るるままに厚き苔むす
                        葉山悠水


 石垣の奥の大楓は、ひっそりとしかししっかりと立っていました。七百年の時を過ごしてきた生命の風格は、人々を圧倒しました。

  羊歯、南天、もみじ宿らせ岩ほどの
  根瘤もちし巨き樹の立つ
            長田裕子


  追原に古き館を訪ぬれば
  自然守れと大樹居座る
                        岩淵正義


 日はあっという間に暮れかけて、屋敷跡を見守るようにある小さい墓地もいよいよ暗くなりました。

  文政の年号きざみし墓群に
  日はささずして遠き祖のこえ
            行木幹雄


  何者に追われしならむ一族の
  墓処(はかど)に深き追原の闇
            関口 勲


 闇に包まれた追原は、もう人の世界ではなくなっていました。私たちは門限に遅れた子供のように、心を残しつつも急いで山道を下りました。


  昼は暗き杉の林に白き靄(もや)
  湧きだしてきて追原暮れる
           北澤真理子


  追原は人とけものの入り会い地 
   猪の掘りし土あと新た
            上杉章子


 美術家の佐藤さんは、追原がすっかり気に入って、翌朝早くスケッチに訪れました。

  猫じゃらしの髭の一本一本に
  朝露をため光る川岸
            佐藤 寛


 翌日も、ぬけるような青空が広がり、七里川渓谷は一年で一番きれいな姿を私たちに見せてくれました。

  山帰来 猿捕り茨と知りてより
  まなこに痛し赤き実の色
            上杉章子


 そして追原ダム計画に反対する運動をしている私たちに、こんなフェイントつきの応援の歌もできました。

  年経れば世に粋狂な人ら出で
   この荒れ野原のこせと騒ぐ
            近藤信之


 七里川そして追原の一帯が、ダムに沈むことを憂える人の輪が、また一段と広がった吟行会でした。もっともっと多くの人に追原を知らせたいと思いました。
(1998年12月)






★関連ページ

このページの頭に戻ります
「七里川渓谷と追原ダム計画」にもどります


トップページ | 三番瀬 | 産廃・残土 | ニュース | 自然・環境問題 | 房総の自然 |
環境保護団体 | 開発と行財政 | 催し物 | 自然保護連合紹介 | リンク集 |