清水公園の桜並木をこわさないで!

〜 トンネル道路より桜のトンネルの保存を! 〜



清水公園トンネル道路を考える会  左巻恵美子



トップページにもどります
「自然・環境問題」にもどります


 日本の「桜名所百選」にも選ばれている「清水公園」(野田市)の桜並木が、半分以上も壊されようとしています。これは、野田市が、公園の中を突き抜ける都市計画道路(清水公園駅前線)をトンネルを掘ってまで建設しようとしているからです。
 計画は、現在の桜並木通りの道路幅を18メートルに拡げ、公園の中は表面から12メートル幅で掘削してトンネルを掘り、公園事務所手前の立体交差になる周辺では道路幅を28メートルに拡げようとするものです。
 このため、桜並木や公園の自然が大きく破壊されるだけでなく、店舗や住宅が立ち退かされる死活問題が発生し、騒音や公害に悩まされることになります。
 しかも、この道路に30億円もの税金が使われるのです。不景気で市財政は「借金で大変だ」と言いながら、自然を壊し、市民を無視してまでつくる必要のある道路とは考えられません。
 座生川に沿ってできる道路や、既設の道路で十分であり、周辺住民の多くが「トンネル道路は必要ない」と言っています。結局は、「座生(ざおう)開発」(座生沼の埋め立てによる宅地開発)に合わせるもので、ゼネコンなど開発関連企業の意向に添ったトンネル道路としか考えようがありません。(ちなみに、座生沼や清水公園周辺の開発を手がけているのは、長谷川工務店や東武不動産などです)
 今こそ、不要不急の「公共事業」を見直し、公園の自然と市民生活を守るべきときです。私たちは「清水公園トンネル道路を考える会」を結成し、署名やチラシ配布、交渉などのとりくみをすすめています。
(1998年12月)
 
 

        市民から怒りの声

  ★桜のトンネルが無くなったら、清水公園の顔が無くなるんじゃないの。
  ★何のため誰のための道路か分かんない。
  ★市の手数料などを値上げしておきながら、トンネル道路などトンでもない。
  ★不況で市民生活が厳しいとき、30億円は市民生活にまわせ。
  ★座生沼開発の付加価値を上げるためでしょ!
  ★トンネル道路より桜のトンネルの保存を!
  ★トンネルは、子供たちの溜まり場になることが心配だ。
  ★5〜7年前に建築許可を出しながら、今また立ち退けとは、ご都合主義で、ワン
   マン市政そのものじゃないの?

 












 
 





満開桜の下でトンネル道路反対の署名活動




このページの頭にもどります
「自然・環境問題」にもどります

トップページ | 三番瀬 | 産廃・残土 | ニュース | 自然・環境問題 | 房総の自然 |
環境保護団体 | 開発と行財政 | 催し物 | 自然保護連合紹介 | 書籍・書評 | リンク集 |