アベ政治を許さない

〜全国1000カ所超で一斉抗議〜




トップページにもどります
ニュースのページにもどります
「戦争と自然環境・いのち」のページにもどります


 「アベ政治を許さない」──。俳人の金子兜太(とうた)さんが書いたポスターが全国で一斉に掲げられました。7月18日の午後1時ごろです。駅前、繁華街、職場、山頂でアピールしたり、自宅の玄関先に張り出したりと、多彩な意思表示がありました。

 呼びかけ人は作家の澤地久枝さんです。澤地さんのホームページには、全国の1000カ所以上でポスターが掲げられたと記されています。

 メイン会場の国会正門前には5000人超が集まりました。呼びかけ人でジャーナリストの鳥越俊太郎さんが司会をつとめました。鳥越さんは、「日本全国津々浦々で同じ気持ちをもって、同じ時刻に立ちあがっていることを感じ取って連帯したい」とあいさつ。澤地さんは、「政治を変えるのは、政権に反対する人たちが手をつなぐ時だ」と呼びかけました。

 つづいて作家の落合恵子さん、講談師の神田香織さん、漫画家の石坂啓さん、作家の朴慶南(パク・キョンナム)さん、映画監督の坂田雅子さん、作家の渡辺一枝さんなどが次々とスピーチしました。

 落合さんは「平和の破壊を私たちは許さない。2015年7月を新しい一歩にしよう」、神田さんは「新国立競技場の建設案だけでなく、安保法案も撤回すべきだ」と訴えました。

 時折小雨が降る中、参加者はポスターを一斉に掲げ、「安倍政治を許さない」とシュプレヒコールをあげました。



澤地久枝さん(中央左)と鳥越俊太郎さん(同右)の音頭で「アベ政治を許さない」
のポスターを掲げ、安保法案の廃案を訴える人たち=7月18日、国会正門前





国会前で「アベ政治を許さない」のポスターを掲げ、
鳥越俊太郎さんらの話に聞き入る人たち







★関連ページ


このページの頭に戻ります
ニュースのページに戻ります。
「戦争と自然環境・いのち」のページに戻ります。

トップページ | 三番瀬 | 産廃・残土 | ニュース | 自然・環境問題 | 房総の自然 |
環境保護団体 | 開発と行財政 | 催し物 | 自然保護連合紹介 | 書籍・書評 | リンク集 |