止めよう戦争法案

〜習志野でも150人超がパレード〜




トップページにもどります
ニュースのページにもどります
「戦争と自然環境・いのち」のページにもどります


 戦争法案(安全保障関連法案)に反対するデモが、習志野市でも(2015年)8月22日におこなわれました。150人超が参加です。

 京成大久保駅前で集会を開いたあと、「止めよう戦争法案」「子どもたちを戦場なんかに送りたくない」と書かれた横断幕や「平和憲法を守ろう」などと書かれたノボリを掲げ、大久保商店街を練り歩きました。集会では7人がスピーチし、「子どもは声を上げられない。投票もできない。大人が法案をストップさせないといけない」などと訴えました。




「戦争法案いますぐ廃案」などとコールしながら習志野市の大久保商店街を行進する人たち




解散地点の八幡公園で「戦争反対」と拳を上げ、気勢をあげる参加者







★関連ページ


このページの頭に戻ります
ニュースのページに戻ります。
「戦争と自然環境・いのち」のページに戻ります。

トップページ | 三番瀬 | 産廃・残土 | ニュース | 自然・環境問題 | 房総の自然 |
環境保護団体 | 開発と行財政 | 催し物 | 自然保護連合紹介 | 書籍・書評 | リンク集 |