子どもたちの命と未来のために

〜浦安で戦争立法反対の集会とデモ〜




トップページにもどります
ニュースのページにもどります
「戦争と自然環境・いのち」のページにもどります


 戦争は最大の環境破壊です。
 いま、戦争法案(安保法案=安全保障関連法案)に反対するデモが全国各地で繰り広げられています。

 (2015年)8月2日、 「子どもたちの命と未来のために戦争立法反対!みんな集まれ!」と題した集会とデモが浦安市内で開かれました。主催は「子どもたちの命と未来の勉強会」です。JR新浦安駅前の市民プラザWave101で集会を開いたあと、同駅前から東京メトロ東西線浦安駅前まで歩きました。

 参加者は、集会が会場(小ホール)満杯の60人、デモは120人+わんこ1匹です。犬の散歩で通りかかった方も、「あら、こういうデモいいわね」と言い、犬といっしょに参加しました。

 集会では、学生団体「SEALDs」(シールズ=自由と民主主義のための学生緊急行動)と首都圏反原発連合(反原連)の行動映像が上映されたあと、反原連のミサオ・レッドウルフさんが「声をあげよう!いっしょに動こう!」、弁護士の島貫美穂子さん(千葉中央法律事務所)が「安保法制 ココが問題」というテーマで講演しました。

 デモでは、「戦争やめろ」「子どもを守れ」「安倍政権はすぐに退陣しろ」「浦安から声あげよう」などとコールしながら歩きました。何人もの参加者がマイクをもってスピーチもしました。




講演に聞き入る参加者




「戦争反対」「子どもを守れ」とコールしながら浦安市内をデモ行進する人たち




首都圏反原発連合(反原連)のミサオ・レッドウルフさん




千葉中央法律事務所の島貫美穂子弁護士







★関連ページ
  • 戦争NO、原発NO、安倍NO「安倍政権NO!7・24首相官邸包囲」に7万人(2015/7/24)
  • アベ政治を許さない〜全国1000カ所超で一斉抗議(2015/7/18)


    このページの頭に戻ります
    ニュースのページに戻ります。
    「戦争と自然環境・いのち」のページに戻ります。

    トップページ | 三番瀬 | 産廃・残土 | ニュース | 自然・環境問題 | 房総の自然 |
    環境保護団体 | 開発と行財政 | 催し物 | 自然保護連合紹介 | 書籍・書評 | リンク集 |