■書籍・書評


 多摩川の自然を守る会

  『川のしんぶん』(301〜400号、復刻版)






・書 名:『川のしんぶん』(301〜400号、復刻版)
・発 行:多摩川の自然を守る会
・発行日:2012年11月25日



 なにしろ分厚い。301号(2003年8月20日)から400号(2012年8月1日)まで662ページにわたっています。
 『川のしんぶん』は毎月1回発行されています。多摩川沿い住民の経験にもとづいた情報が満載です。その時々の状況がつぶさにわかり、貴重な資料となっています。
 毎月行われる自然観察会の案内、本の紹介、参加者の感想文、確認した鳥類、多摩川に係わる工事、国交省への要請文など、時代を経ても読みごたえのあるものばかりです。
 定例自然観察会や河川環境調査、河川管理者への提言、『多摩川歴史ガイド』の刊行など、すばらしい活動をされてきたこともわかります。
 マハゼ釣りをとおして、子どもたちの関心が川、水、命など環境におよんでほしいと『川のしんぶん』は訴えています。子どもたちの成長が楽しみです。
 5年後に「500号記念誌」を発行すると編集後記に記されています。まさに「継続は力なり」ですね。『川のしんぶん』を多くの方に読んでほしいと思います。
(牛野くみ子)












このページの頭にもどります
「書籍・書評」のページにもどります

トップページ | 三番瀬 | 産廃・残土 | ニュース | 自然・環境問題 | 房総の自然 |
環境保護団体 | 開発と行財政 | 催し物 | 自然保護連合紹介 | 書籍・書評 | リンク集 |