東京湾唯一の原風景を味わう

〜盤洲干潟 深秋自然観察会〜




トップページにもどります
「ニュース」のページにもどります
「盤洲干潟」のページにもどります


 盤洲(ばんず)干潟の深秋自然観察会が2015年11月29日におこなわれました。主催は「小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会」です。

 木更津市の小櫃川河口に広がる盤洲干潟(小櫃川河口干潟)は日本最大級の自然干潟です。干潮時は約2キロ沖まで干潟が現れます。東京湾でただ1か所、原風景(自然の海岸線)が残されています。

 河口に広がる約43ヘクタールのアシ原は自然がいっぱいです。環境省絶滅危惧T種に指定されているキイロホソゴミムシも生息しています。キイロホソゴミムシは世界で小櫃川河口だけに生息しているといわれています。

 中州には無数のチゴガニが生息しています。ところが、この日は気温が低かったため、巣穴から出てきませんでした。

 また、浸透実験池はカワウのコロニーになっています。しかし、カワウは1羽もいませんでした。これにはびっくりです。理由はわかりません。

 前浜干潟では、案内人の御簾納照雄さんが歌川広重の「冨士三十六景 上総(かずさ)黒(くろ)戸(と)の浦」を見せてくれました。この浮世絵は、小櫃川河口付近からの風景といわれています。この日は、絵と同じ位置に富士山が見えました。

 連絡会は、盤洲干潟を「千葉県自然環境保全地域」に指定するよう、県に要請しています。環境省にたいしてはラムサール条約への登録を要請しています。それらの要請続行を確認しあいました。










中州でアシハラガニを観察


歌川広重の「冨士三十六景 上総黒戸の浦」を
見せる御簾納照雄さん(右)。左は山田周治さん。



前浜干潟の生き物を観察





★関連ページ

このページの頭に戻ります
「ニュース」のページに戻ります
「盤洲干潟」のページに戻ります

トップページ | 三番瀬 | 産廃・残土 | ニュース | 自然・環境問題 | 房総の自然 |
環境保護団体 | 開発と行財政 | 催し物 | 自然保護連合紹介 | 書籍・書評 | リンク集 |