東京湾の原風景を堪能

〜小櫃川河口干潟(盤洲干潟)の観察会〜




トップページにもどります
「ニュース」のページにもどります
「盤洲干潟」のページにもどります


 (2014年)5月3日、小櫃川河口(盤洲干潟)の観察会が開かれました。主催は千葉県野鳥の会です。全国各地で開かれている「干潟・湿地を守る日 2014」のイベントでもあります。参加者は20人です。

 木更津市の小櫃川河口に広がる盤洲干潟は、東京湾でただ1か所、原風景(自然の海岸線)が残されている場所です。干潮時は約2キロ沖まで干潟が現れます。約800ヘクタールの広大な面積をもつ日本最大級の砂質干潟です。

 中洲では、たくさんのチゴガニが巣穴から身を乗り出し、白いハサミを振る「チゴガニダンス」で出迎えてくれました。チゴガニは大人の小指の先ほどの大きさです。

 観察会では、さまざまな鳥や底生生物、植物を確認することができました。鳥は、ダイサギ、チュウサギ、チュウシャクシギ、メダイチドリ、ハマシギ、サルハマシギ、キアシシギ、ダイゼンなど。底生生物は、チゴガニ、アシハラガニ、サキグロツメタガイ、ホソウミニナ、イゴサキゴ、ニホンスナモグリなどです。

 干潟(前浜)の近くにある池(浸透実験池)には、約400羽のカワウがいました。ここはカワウの繁殖場所となっています。

 この日の特徴は、チュウシャクシギが多かったことです。また、めったに見られないサルハマシギもいました。春と秋に飛来する旅鳥です。めずらしい鳥を見ることができ、参加者は感激でした。











広大な干潟で野鳥を観察する参加者


中州にて



カワウのコロニー(浸透実験池)





★関連ページ

このページの頭に戻ります
「ニュース」のページに戻ります
「盤洲干潟」のページに戻ります

トップページ | 三番瀬 | 産廃・残土 | ニュース | 自然・環境問題 | 房総の自然 |
環境保護団体 | 開発と行財政 | 催し物 | 自然保護連合紹介 | 書籍・書評 | リンク集 |