過去の記事一覧  


最近読んだニュースから(99年12月分)

   今世紀末になって「安全神話」、「不倒神話」の消滅 (99/12/26更新)
   99年消費者10大ニュース (99/12/26更新)
   AXAの会長が日団との提携について語る記事 (99/12/19更新)
   安田・富国生命が全面提携か (99/12/19更新)
   エコノミスト99年12月14日号の特集「生保危機」の記事 (99/12/11更新)
   日本団体生命がAXAへ身売り (99/12/05更新)




最近読んだニュースから(99年11月分)

   生命保険会社の広報宣伝活動またはPRは現状で十分か? (99/11/28更新)
   東邦生命処理のニュース (99/11/21更新)
   平和生命がエトナに身売り (99/11/21更新)
   政府の公的介護保険は本当に金のかかる制度だ (99/11/14更新)
   XXXで責任準備金アクチュアリの役割が大きくなった (99/11/07更新)




最近読んだニュースから(99年10月分)

   ロスレシオによる料率規制等 (99/10/31更新)
   生命保険DI調査のすすめ (99/10/31更新)
   損保の再編について (99/10/25更新)
   商工ローン、日榮への融資 (99/10/25更新)
   インカム配当原則は、いまだに否定されっぱなしなのか (99/10/17更新)
   金監庁がアクチュアリ募集している? (99/10/17更新)
   金監庁の「保険契約に係る顧客への情報提供の拡充について」へのコメント (99/10/11更新)
   アメリカにおける二十世紀の優秀商品 (99/10/11更新)




最近読んだニュースから(99年8.29〜10.3)

   9月19日付の日経紙社説をどう受け止めるか (99/10/03更新)
   サービス業への格付け? (99/09/26更新)
   金融審議会第二部会「相互会社の株式会社化」レポート(その二) (99/09/26更新)
   金融再保険事業 (99/09/20更新)
   保険契約者保護機構の業務規定の中の問題な規定 (99/09/20更新)
   金融審議会第二部会「相互会社の株式会社化」レポート(その一) (99/09/12更新)
   金監庁が生保転換に規制強化に追記 (99/09/12更新)
   金監庁が生保転換に規制強化 (99/09/04更新)
   日本アクチュアリ会が100周年の記念大会を開く (99/09/04更新)
   「金融サービス法は消費者保護を軽視」と日弁連が意見書 (99/08/29更新)
   契約成績統計の表示について (99/08/29更新)



最近読んだニュースから(99.7.29〜8.22)

  ニューヨーク州知事が相互持株会社法を再提出 (99/08/22更新)
  金融サービス法と生命保険の募集規制 (99/08/16更新)
  「公益を害する行為」の解釈 (99/08/16更新)
  税効果会計の功罪 (99/08/08更新)
  我が国の社会保険と民間保険との差(続き) (99/08/08更新)
  東邦生命の債務超過が5000億円−6000億円? (99/08/01更新)
  我が国の社会保険と民間保険とのアクチュアリアルな差 (99/07/29更新)
  植村信保氏の「生保の未来」・・・・続論 (99/07/29更新)



最近読んだニュースから(99.6.27〜7.19)

  またまた問題な商品が (99/07/19更新)
  Manulifeが非相互化で巨額な支払を行うと発表 (99/07/11更新)
  東邦生命の債務超過額はいくらになるか (99/07/11更新)
  我が国にも調査機関を (99/07/04更新)
  公的介護保険は必ず破綻する (99/07/04更新)
  アメリカでの次の集団訴訟のテーマは何かが話題に (99/06/27更新)
  逆ザヤ額の変な算定とそのディスクロージャー問題 (99/06/27更新)



最近読んだニュースから(99.5.6〜6.20)

  契約者配当を営業政策の玩具にするな (99.6.20)
  破綻を予告するある仮説 (99.6.13)
  2001年版「比較日本の会社 生命保険」は出ない (99.6.9)
  忘れ去られたセグメント会計論が復活か (99.6.9)
  東邦生命の破綻:日経新聞の社説 (99.6.9)
  東邦生命の破綻:毎日新聞の社説 (99.6.6)
  生保契約法の改正試案について (99.5.11)
  ソルベンシーマージン(続) (99.5.6)
  雑感(1)・・・・日米保険協議など (99.5.6)
  我が国の保険計理の在り方をどう構築するか(その二) (99.5.6)




提言
  日本アクチュアリー会は、その役員選挙方式をまず再検討しては (99.5.6)


最近読んだニュースから(99.1.31〜4.9)-日本-

 合理的で透明性のある保険会計に (99/01/31改訂)
 ソルベンシー・マージンは早期是正措置のトリガーになるか(99/02/21 2カ所追加)
 植村信保氏の「生保の未来」(99/02/21項目追加)
 大同生命と太陽生命との提携 (99/01/31追加)
 生保各社が劣後ローンによる自己資本増強を急いでいる(99/03/22追加)
 某社の健康体保険のテレビコマーシャルを見ての感想(99/03/28追加)
 我が国の保険計理の在り方をどう構築するか(その一)(99/04/09追加)
 金監庁が生命保険会社の統計を作成し始める(99/04/09追加)



最近読んだニュースから(99.1.31〜3.13)-外国-
 MHCを認めなければビックバンに乗り切れない(99/02/12改訂・追加)
 John Hancockの非相互化計画は興味ある(99/01/31追加)
 非喫煙者が最大の優良体グループになるか(99/02/12追加)
 ACLIの報告書が非協力的な日本を非難している(99/02/28追加)
 アメリカが会計の国際統一基準作りに積極関与へ(99/03/09追加)
 指数商品に幽霊が(99/03/13追加)