蒼酔亭日乗ログ


2007/2/28
 この週末に大学時代からの友人と飯を食った。
だけでなく、秋葉原をぶらついた。
やはり気の合う友人との一時は楽しい。
なんだかやっていることが、大学時代と変わらない気が。
だが彼の方はもう結婚していて、子供も二人いる。
時間だけが確実に過ぎてゆく。



2007/2/27
 昨日秋葉原に行って”あべにゅうぷろじぇくと 「A LA MODE」”を買ってきた。
噂に違わない直球ど真ん中の電波ソング。
朝、病院に行く途中の車の中でも聞いている。
ん、電波ソングがわからない?
そんな人はWiki先生へ。
素晴らしき解説がそこにある。



2007/2/26
 今年も折田先生の季節が。

花粉症、今日は朝から酷い。
アレグラを飲んでちょっと落ち着くが。
この時期でこの症状では、先が思いやられる。



2007/2/25
 関根勤の娘が可愛い。
話しているところをTVで見たけれど、
なんだか、そこらのアイドルよりも魅力的。
話も面白いし。
なんだか不思議な人だなぁ。



2007/2/24
 うちの近所で新たしいマンションを造っている。
鉄筋コンクリートみたいだけれど、
建築途中から盛大にクラックが酷く見えている。
近代日本の建物が精々30-40年しか保たないのは、
コンクリートの質だけでなく、こう云った現場の問題がある。
戦前の建物がメンテナンス無しで現世まで残っていることの偉大さを見よ。
こう云うことが判ってくると、マンションは買えないねぇ。



2007/2/23
 ネットの世界では有名な読売新聞の(福)記者。
またまたいい記事を書いている。
読売は意外と度量があるなぁ。



2007/2/18
 アイドルである。
なぜか昔からアイドルが好きなのだ。
もちろんアイドルなのでルックスが良いのは当たり前として、
歌がちょっとうまくないところが、またいい。
昔好きだったのは少女隊で、トモが猛烈に可愛かったのを覚えている。
また、泰葉などか提供する曲も素晴らしかった。
アイマスをやっていてふと思い出した。



2007/2/11
 このサイトを見てすぐにピンと来た人には分かっているだろうけれど、
サイトのタイトルは断腸亭日乗よりきている。
永井荷風は僕の最も好きな作家で、
その生き方にも憧れる。
もともと僕は医者ではなく、
文筆家として生きて行けたらどんなに幸せだろうと、いつも思う。
だけれども僕には文才が無いことは知っているので、
医者で食っていくしかないんだよなぁ。



2007/2/10
 今日も今日とてアイマスである。
はっきり云って、細かいところでバグは結構存在している。
たとえば、真のランキングのはずが美希が紛れ込んだり、
オーディションの時にフリーズしたり。
でも評判を読んでいると、あまり声高に批判する人は少ない。
僕の思うにそれは、あまりにも美しすぎるxbox360の映像による物では無かろうか。
ちょっと考えて欲しい。
アーケード版よりクォリティーの高い物が、家でプレイできるのである。
それだけをもっても素晴らしいのに、
他人の目を気にせず、ゆっくりアイマスれるのだ。
アーケード版よりレベルが高い物が家出できることの、インパクトは大きい。
今までのゲームとは違う何かが起こるのを期待してる。



2007/2/6
 「亜空間通信Pod」がすばらしい。
既存のテクノロジーを組み合わせつつ、近未来感を醸しだし、
エンターテイメントにもなっている。
これは一度実物を見てみたい。



2007/2/1
 今日は当直。
この病院の当直は、基本的に大変。
近隣に救急指定病院が少ないこともあり、救急車がわんさと来る。
と、書いていて気づいたが、病院ネタを書くのはかなり久しぶり。
たまに書かないと、ただのオタクサイトと勘違いされるかなぁ。
ここまで筆を進めてみても、これ以上あまりネタが思いつかない。
やっぱり、好きなことを書く方がスラスラ書けるなぁ。


top