もどる

北海道ドライビングレポート・その1 [ 2004年9月3日(金) ]

(北海道)

文 : あるふぉんす


プロローグ

待ちに待った「リフレッシュ休暇」によって9連休(土日入れて)が取得できる。

そして、10年越しの夢「自分の車で北海道をドライブする」が現実のものと...。

さらに運の良いことに、今年は日本初開催の世界ラリーカー(WRC)「ラリージャパン」が北海道の十勝で開かれる。

・・・と言うわけで、ラリージャパン観戦とあわせて北海道へドライブに行くことにしました。


9月3日の早朝...と言うよりも、深夜(0時半頃)に自宅を出発。

深夜の首都高(渋谷線〜池袋線〜中央線〜川口線だったかなぁ?)を抜けて東北道へ。

2時間ほど仮眠をとってきたとはいえ、夜中のドライブはツラく、東北道に入ってから睡魔が...。安全のため、大谷PA(だったと思う)に待避して車中にて爆睡(_ _)Zzz ぐぅ〜。

夜が明けた頃に目が覚め、早々にパーキングエリアをあとにし、東北道をくだった。

朝方から、天気は悪く、福島県に入る頃には雨模様となった。そして、濃霧となり...、先行き不安なドライブとなる。

まあ、とりあえず渋滞なんてものもなく、カーブも少なく走りやすい自動車道である。

宮城県に入った頃には天気も回復していて、逆に車内は暑くなりつつ...。

そして、ぎりぎりまで引っぱってきたが、車の燃料補給のため 前沢SA に入る。

ちょうど昼食頃だったので、軽く食べ物を買って食事を済ました。

意外と順調に来たもので、八戸のフェリーに乗る時間までたっぷりと余裕が出来たので、岩手山SA にて休憩。

 (Mavica MVC-FD88にて撮影)

岩手山を望む場所があったので、道中の記念(?)に撮影。

13時半頃、岩手山SAをあとにし、30分ほど(?)で安代JCTで八戸自動車道へ。

折爪SAで休憩をとって、八戸IC(終点?)をおりて八戸市街地を抜けてフェリーターミナルへ向かった。

フェリーターミナルに到着したのは「出航」より1時間ほど前で、ターミナルの窓口で乗船手続きをした。

もともと予約はしてあったので乗船手続きはすんなり終わりました。乗船・出航までには時間がたっぷりとありましたので、

 (携帯電話 FOMA F900i にて撮影)

ターミナルに停泊していたカーフェリーを記念に撮影。

そして、16時50分になり、いよいよフェリーに自分の車ごと乗船。客室は「2等」でした。初めての経験で、ちょっとドキドキものでした。

時刻通り17時30分に八戸港を出港。フェリー到着の「苫小牧港」までは6時間はあるので、毛布を借りて寝ることに。船酔いなのか、頭痛もありましたので...(単なる寝不足か疲れからきたものかもしれませんが)。

− その2 へ続く −


Copyright(c) 1997-2004. Alphonce Drow Branford. All Rights reserved.

もどる