蓼科山2530m(記述 田中元治)

平成16年5月2日(土)晴れ

 平塚5:10〜9:00蓼科山七合目9:10〜10:30将軍平10:45〜11:20蓼科山頂上(2530m)12:15〜

〜山頂頂ヒュッテ12:30〜将軍平13:00〜天狗ノ露地13:30〜七合目登山口14:10〜

〜白樺高原ホテル(温泉入浴)御門橋バス停16:00〜20:40平塚   

 前日までは、丹沢山系、鍋割山にと思っていたが、神奈川の天候が芳しくなく、前日予報によると長野県は晴れのため、蓼科に計画変更し準備もそこそこに早朝から出かけました。 5時10分平塚を出発。連休中とあり車の量が多い東名高速・中央高速を経て、蓼科山7合目登山口に9時到着。諏訪インター手前では、車の事故による影響と、高速を降りてからは、諏訪大社御柱祭り見物客の車で少し渋滞があった。

七合目までの道路は、舗装も整い駐車場は比較的大きなスペースがあり、トップシーズン前であるため、まだまだ余裕があった。団体ツアーのバス2台と自家用車があり各地から訪れているようだ。天気予報のとおり快晴で、これから登る雪の蓼科山を仰ぐ。

登山口鳥居手前のトイレと休憩舎を使い、身支度を整え、鳥居をくぐり登り始める。登山客はまばらであるが、もう下山してくる人にも出会う。暫らく針葉樹林のなか鶯のさえずりが聞こえる道を進む。 馬返し付近から、残雪があり注意しながら進める。風が弱く登りが続くため、汗がにじみ出てくる。振り返ると、遠くのアルプスや下界がくっきりと綺麗に見える。

一息いれ岩と雪と火山岩の石の道を更に進むと、将軍平の山荘前に着いた。下山した人や、これから登るであろう同年齢の人々が快晴のなか、休憩しながら頂上を見上げている。

白い雪の中、団体客と思われる列が見える。宿の人のアドバイスで、軽アイゼンをつけながら暫らく待つ事にする。春山で暖かく、顔がひりひりするのが分かる。隣の人から上は風もあまり無く、暑いくらいだったと伺う。道具の事もあり、雪が緩んで来ないか少し心配となる。

団体客の大半が着いたので、登りはじめる事とする。急登となり、雪も深くなって来た。コースにはザイルがあり、上から滑落でもされればと思いながらと交錯しないよう慎重に登る。雪が緩み、コースを誤ると足が埋まってしまう。上りきったところでヒュッテ前に到着。黒い岩がごろごろした頂上一体からは360度の展望が開けた。

浅間連峰、八ヶ岳連峰、アルプスの山並み、眼下の白樺湖など、登りの苦労を忘れさせてくれる景色が満喫できて感謝・感激である。途中で買って来たおにぎりをほおばり一休みとする。頂上での360度の景色を眼に焼きつけ、先程のザイルのコースを慎重に下山する。将軍平の山荘には30分程度で降りる。帰りの事もあり、そのまま登山口へ向かう。

途中、馬返し付近の沢で、軽アイゼンを外す。(アイゼンは本格的なものを用意すべきかなと思った。)樹林帯のなかをとおり、14時過ぎに登山口の鳥居に到着。無事下山できた事に感謝しながら仰ぐ。
汗と足の疲労を癒すため、今日は、道路の登り口にあった蓼科牧場温泉に立ち寄る。(料金:600円)男湯には、ジャグジー、サウナ、女湯には露天風呂、サウナが備わっており、お湯も多く体も温まることができた。風呂上り後には、ロビーで無料のコーヒーを頂き、帰路に着く。

高速道路は、やはり車の量が多く途中で渋滞にはまり、一般道に迂回し20時40分ごろ平塚に着く。

トップに戻る 追加一覧に戻る 国内登山に戻る  検索一覧