神楽峰スキーツアー(苗場山前衛峰) 記述(川瀬)

2004年4月17日(土)

三俣のよしのや旅館に泊まり、朝9時にでる、みつまた高原スキー場へのロープウェイに乗り、そこから神楽・みつまたゴンドラに乗ってかぐらスキー場に行き、4人乗りリフトで上に上がるがその先の一番上のリフトが動いてなかった。

天気はガス。10時20分。
ガスの中をスキーを担いで登りだす。後ろから山用のスキー(シールあり)の二人組みに抜かれる。さらにスノーシューの二人組みにも抜かれる。昨日のゴルフで背中を痛めたので響かないように慎重に登る。40分から50分でやっとリフトの一番上に着く(中の芝)。大休止、80歳の元気な老人がここまで登ってきていた。そのうち途中で抜きかえしたスノーシューの二人組がやってきた。

さらに登ると、途中二人パーティーが上から滑り降りてきた、一時間弱で神楽峰(2030m)着。12時20分。ガスで何も見えない。道標も無いので心配だったが、直前で休んでいた人が教えてくれたので頂上に間違いはなさそうだ。いよいよスキーの板をつけて滑り出すがアップダウンがあるので時々板を担いで登り返すのがしんどい。

途中来た道から、股ずり岩で左に折れ神楽の庭(中尾根の頭)に登り返す。ガスで視界が利かないのでトレールだけが頼りだ。中尾根へのトレールを右に分け、ここを通り越して北側の霧の塔との鞍部を目指して滑り降りる。結構すべりがいがあった。ここまで来ると先行のトレールは一パーティーのみとなる。

更にトレールは霧の塔に登り返していて、沢沿いのトレールは無い。鞍部から大きな斜面を沢沿いに下る、1週間前と思われるトレースがかすかに残っている。ゲレンデのようには滑れないが、何とか春山のダウンヒル?を楽しむ。そのうち沢底は対岸の高石尾根から雪崩れたと思われるデブリで埋め尽くされてきたので、右側の山腹をトラバースする。板が160cmなので滑りが悪く往生する。

しばらくして中尾根にでて尾根筋を降りる、中尾根ははトレールもあり楽しんで滑れる。ゴンドラの上の駅(和田小屋前)に着いたのが1時半であった。ガスは既に晴れていて今滑り降りた清八沢を見上げる。 それからレストハウスでカレーを食べて、ゲレンデスキーをして3時半に引き上げる。
 
写真は
1:頂上 
2:股ずり岩で二人パーティー 
3:清八沢上部 
4:清八沢下部より見上げる(右が高石尾根、左が中尾根)













トップに戻る 追加一覧に戻る 国内登山に戻る 検索一覧