円沢木沢(アイスクライミング

2004年1月18日(日)晴れ


昨日の雪が、屋根に数センチ残った状態での、自宅を出発する。宮ケ瀬ダムへの道を行くが、路面凍結で、迂回して、宮が瀬ダムに向かう。宮が瀬ダムから、道志に向かう途中から、早戸川に入り、丹沢観光センターの先のゲート前に駐車する。積雪は、10センチ程度であるが、雪の下は、バリンバリンに凍結していた。

クライミングの準備をして、早戸川の支流、円沢木沢に向かう。昨日降った、新雪の踏み込みが、気持ちよい。
30分程度、林道を歩くと、早戸大滝の道と、早戸川の道とが、別れる伝道に着く。そこに、案内板があり、雪のためか、倒れかかっていた。

我々は、早戸川沿いに行き、サ-ボダムの上より、対岸に渡り、円沢木沢に向かった。まだ誰も入山していないのか、踏み跡が見つからない。しかし、以前冬期に来たので、心配なく、目的地に着くことが出来た。

やはり、思ったほど、氷結していなく、滝の中央部分は、水が流れていて、ツララ状態で、氷りは不安定であったが、滝の側で、アイスクライミングの練習して帰る。この氷結した滝を写真に納めようと、中年の登山者がやって来て、モデルの依頼をうける。

トップに戻る 国内登山に戻る