開聞岳922m、霧島山(韓国岳1700m)川瀬記述

2003年12月22日〜23日 

九州の霧島山(韓国岳)と開聞岳に行ってきました。毎日新聞旅行の登山ツアーに参加しました。羽田ー鹿児島間往復飛行機、現地バス移動付き、ツアーコンダクター(ハイキングガイド)付き、宿泊は指宿国民休暇村、一泊2食プラス23日昼食付き。
 


22日:
11時えびの高原着、周りは土曜に降った雪が一面残っている、天気はここだけ曇り、少し上からはガスに隠れている。飛行機から見た時はえびの高原以外は天気は晴れで絶好の好天気であったが、どうもここだけベッタリ雲がかかっている。

用意をして11時半に出発、ガイドを入れて23名の大所帯である、雪は平均して10−15CM位で、登山道は既に踏まれているのでまったく問題なし。チョット寒いだけ。みな着込んで歩き出すが、じきに暑くなって上着を脱ぐ。他人同士のまとまりの無い団体行動は初めてなので、なんだか変な感じである。

ガスの為視界ゼロ、半分くらい昇ったとこで休憩、そこでガイドが全員にアイゼンをつけたほうが良いと言う。多少滑りやすいが、それほどでもなかったので自分はつけなかった。そこから上は風が強くなり気温も下がりかなり寒くなってくる、防寒着を着込む。傾斜が緩くなってくるとじきに頂上、13時近く、特に感激なし。

登山道に左側は崖になっているがガスで見えない、右側は緩い傾斜。頂上で全員の記念写真を取った、後で送ってくれるのかな?海老の尻尾は真っ白で奇麗だった。14時半P着。
ここから指宿まではほとんど3時間のロングドライブ、自分で運転しないので楽チン。国民休暇村は想像よりずっと良かった。
 
23日:
7時40分国民休暇村発、池田湖に寄っていく、イッシー(池田湖のネッシー?)と大鰻で有名だ。傍の生簀で鰻を見たがデッケー、食う気がしない、まずそう。池田湖よりの開聞岳を背景に記念写真、なんと菜の花が一面に咲いている、これは奇麗だ。まだ12月と言うのに2−3ヶ月早い。

8時45分P発、南国らしき森の中をダラダラの登る、昨日と違って山が低いので暑い、途中まで半そで一枚、それから長袖を着込む。天気快晴なれど視界なし。頂上までにホンの2所絶景ポイントがある、それ以外は木と草と石・岩とハイカーを見るのみ。

11時25分開聞岳頂上着。流石に景色は素晴らしい、低くても独立峰、標高差も900mくらいある。のんびり行動食を取る(カリントウと砂糖芋、昼食ではない)、昼食は宿に帰ってから刺身ランチが出る、ただし午後3時近くなるので腹がもたない。帰りは同室のしゃべりっぱなしのオジサンと気の良いオバサンと超のんびり下り、ツアーグループの殿を勤める。14時05分P着。

刺身ランチと再度の温泉が最高に良かった。¥37800のツアー価格はやはり安い、内容もよい、参加者のうわさでは赤字だそうだ。オジサンオバサン以外に30歳台の人もそこそこ着ていたのでビックリ。鹿児島でチェックインしたらそこで解散と言うのもめんどくさくなくて良い。
 
写真:霧島山6合目、頂上、池田湖より開聞岳。
 
以上 川瀬の日本百名山

トップに戻る 追加一覧に戻る 国内登山に戻る 検索一覧