茅ケ岳(1704m)

2003年8月30日(土)

深田久弥記念公園8:45〜10:00女岩10:20〜11:20茅ケ岳(1704m)12:30〜13:15女岩13:30〜14:15深田記念公園


日本百名山の著書、深田久弥の終焉の地であり、八ヶ岳と見間違うほど立派な旧火山の独立峰の山容が魅力な山と言うふれこみの茅ケ岳に行く。

天気は、いまいちスッキリしないが、今日一日何とか持ちそうである。早朝に、自宅を出て、談合坂SAにて、ATK山岳会の、平塚ハイキング部会の人たちと、7:30に待ち合わせをしたが、7:00前にSAに到着したが、夏休み最後の週末とあって、駐車場は、もう満杯であった。

みんな、それぞれ、朝早くから何処へ行くのやら、、、、、。人のことは、言っていられない。我々も、早々に出発して、韮崎ICで降り、茅ケ岳の登山口へと向かう。8:30過ぎに、登山口の駐車場に到着したが、もう、7〜8台の車が駐車してあり、登山を開始していた。

まず、登山準備をして、深田久弥記念公園に向かう。公園と言っても、記念碑「百の頂きに、百の喜びあり」と、深田久弥の経歴の標識と、東屋があるだけの、こじんまりした公園である。

いよいよ、登山開始と、気合いを入れても、しばらくは、赤松繁林道を、のんびりと話しながら行く。20分程歩いたところで、広い立派な車が通れる、林道を横切り、又林道へと進む。殆ど風が無いので、汗が額から流れ落ちる。林道の終点より、登山道へと進んで行くが、薄暗く陰気な登山道を進んでいくと、女岩が現れてきた。20m程の岩壁に囲まれた所で、岩のすき間から、清水が流れ落ちていて、手をかざすと、非常に冷たく、昔、この地域の水源になっていたところである。

清水の近くには、コップが置いてあり、清水をコップで摂り、口に含んだが、なかなか、冷たくて癖の無い美味しい水である。この岩場の下には、崩壊した岩がゴロゴロ転がっていて、気をつけないと、頭上から落石の心配がある。ここで、一服して、これから本格的な急な登りが始まる。

女岩を回り込む感じで、ロープが、敷設されてあり、それを頼りに、上へ上へと登る。稜線に出て、しばらく登ったところに、深田久弥終焉の碑が現れてきた。御影石と、木に、倒れた日が刻まれていた(1971年3月21日)。その前のお皿の中には、お賽銭が、沢山入っていたが、、、。

ゴツゴツした岩の痩せ尾根を、しばらく、ガマンして登り切った所が、こじんまりした茅ケ岳の頂上であった。天気がいまいち優れず、時たま日が射すが、木々に被われていて、見通しが利かず、曇っているので、展望は望めなかった。以前、来たときは、秋口で、空気も澄んでいて、南アルプスを始め、八ヶ岳連峰の素晴らしい展望を望めたが、今回は残念であった。

しかし、帰りは、一宮御坂にある、ももの里温泉の素晴らしい露天風呂に浸かり、展望の穴埋めとした。
トップに戻る   追加一覧に戻る  国内登山に戻る  ATKハイキング部会 


検索一覧