原小屋沢(丹沢)

2003年06月21日(土)晴れ(メンバー安部、谷口)

宮が瀬ダム〜鳥屋〜丹沢観光センター〜本間橋上(駐車)8:15〜8:30伝道8:40〜9:10丸太橋9:15〜

9:40雷平10:00〜11:45カサギ沢出合〜12:15バケノ滝上部(昼食)13:00〜13:30F5三段の滝上部13:40

〜15:00雷平下部15:40〜16:20伝道16:30〜16:40本間橋上(駐車)

梅雨の晴れ間をついて、前から気になっていた、早戸川の原小屋沢へ、谷口君と行く。
宮が瀬ダムから、道志に抜ける途中にある、鳥屋村落を、左折して、丹沢観光センターに向かう。本間橋上部のサボーダムの先に、大きな石が転がっていて、車は、そこまでとなる。

無理をすれば、行けない事は無いが、無理をせず、サボ−ダム手前に、車を駐車して、沢登りの準備にはいる。伝道まで、いたるところ、落石のため、林道を、要所要所で、堰き止めているので、我々の駐車したところが、正解みたいである。

伝道までは、林道であるが、そこから、沢に入っていくと、すぐに左に円山木沢がある。伝道にて、この地域の看板がある。ここより、1:30程で、滝100選に選ばれている、早戸大滝(まぼろしの大滝)がある。行ったことがないが、一見の価値はありそうである。

その、看板の脇に、3〜4年前、蛭が岳に登山したが、行方不明になった人の捜査願いがあり、結構年輩の人である。我々も気をつけなければ、、、、、、。標識に従い、シカの柵沿いの道を行く。15分程度行ったところに、造林小屋がある。杉林の谷沿いにある古ぼけた小屋である。そこを、通り過ぎ、左下に、本流の早戸川を見ながら、雷平に向かう。三回丸太橋を渡り、雷平着く。

ここより、左が本谷沢。右が我々が向かう原小屋沢である。思ったより、水量があり、一つ一つの滝が大きく、滝壺も以外と深く、滝の下まで、行くことが出来なく、滝の直登を狙ってきた、我々には、若干不満が残ったが、丹沢とは、思えないスーケールの大きい沢だった。


左 : 伝道

中 : 雷平

右 : F1大岩の滝






















  F2:雷滝(15m以上ある)           F4:バケモノ滝(10m)          F5:三段の滝(20m)

F1: 大岩の滝は、岩の下からくぐり抜けると、案内図には、書いてあるが、水量が多く、右を巻く。

F2: 雷滝は、15mと書いてあるが、実際は、もっとあるみたいである。滝の左側手前より巻く。水量が多く直登は、
   難しいみたい。しかし、水量が少なければ直登しても面白い。

F3: 雷滝の上にあり、トイ状の10mの滝であり、二股まで、ナメ状の滝の連続でなかなか面白い。

F4: バケモノ滝(10m)解説書には、薄暗い陰惨な滝と書いてあるが、それほど、陰惨でもない。しかし、
   滝壺が深く近づく事が出来ない。直登は難しく、ボッチ沢の方(左側)に回り込んで、バケモノ滝の上に出る。
   古ぼけた、大木が二本横たわっている。
  (バケモノ滝を巻くため、左の沢を少し登ったところに、シカの骨と、毛が無惨に散らばっていた。
  人間の仕業か、、、。それとも熊か、、、。)

F5: 右岸から、岩壁が崩壊していて、大木や、大岩がごろごろしている所を乗り越えていくと、
   F5(20m)三段の滝に着く。直登は難しく、右側を巻く。F5の下にて、写真を撮っていると、
   左岸上部より、頭部程の石が二個、ものすごい勢いで落下してきた。この付近の岩は、
   非常に脆いので、気をつけないといけない。
トップに戻る  追加一覧に戻る 国内登山に戻る ATK山岳会 検索一覧