北穂高〜大キレット〜南岳(2001年7月19日〜22日)

7/19(木)横浜自宅 20:30→

7/20(金)→1:30新穂高温泉4:40→5:50白出沢荷継小屋6:00→6:55白出沢7:10→7:50(2100m)8:00→10:45      

穂高山荘(テント泊)

7/21(土)新穂高山荘4:50→6:40北穂高山頂(3106m)7:00→8:00A沢のコル8:10→9:00最低コル(2748)9:30→

10:00南岳小屋→南岳(3032M)11:15→南岳小屋→13:30槍平小屋(テント泊)

7/22(日)槍平小屋5:00→7:30ゲート(新穂高温泉)8:15→13:40自宅

7/19(木)横浜(自宅)連休の前夜なので、車の流れが、詰まっていると思ったが、以外と空いていた。

7/20(金)相模湖ICから入り、一路松本ICに向かう。車の流れは順調で、安房トンネルが出来たおかげで、1:30には、新穂高温泉のゲートに、着いたのであるが、もう車で、いっぱいであった。仕方なく、ゲートより、100M程度戻った所に、少しスペースがあったので、駐車して、仮眠する。少し周りが、明るくなったので、窓の外を、見ると、もう出発している人がいて、時計を見ると、4:00過ぎであったので、私も、そうそうに準備して、出発する。ゲートを越えて、立派な林道を1:10ほど、だらだらした道を登っていくと、白出沢荷継小屋に着いた。

ここから、槍ケ岳行く道と分かれ、本格的な、登山道に入っていく。樹林帯の木の根っこが多い湿った道を登っていく。1:00程度歩く。急に、大きな沢に出た。ここが白出沢であり、木が渡してあり、大雨の時など、流されて、渡る事が出来ない。要注意の所である。沢の上部を見ると、まだ雪渓がずいぶん残っていて、大きなクレパスが、口を開けていた。対岸に渡り、岩壁のへりにクサリが掛けてあり、それをつかみながら登っていった。例年より、残雪が多いみたいで、見上げると至る所で、雪渓が残っていた。

このコースは、地図によると、白出沢荷継小屋から、穂高山荘まで、7:00のコースなので、先が思いやられる。雪渓を登り切ると、今度は、大きな石ばかりのガレ場で、非常に歩きづらく苦労した。上から、中年のおばさん連中が、下山してきたが、足を痛めたらしく、みんなで介護していた。以外ときびしいコースであることを認識して来ているのであろうか。殆ど休憩らしい、休憩をとらなかったおかげで、10:45には、穂高山荘(テント泊)に、到着してしまった。小屋にて、缶ビールを飲みつつ、自宅等に連絡を入れた。(最高のロケーションのことを)

7/21(土)穂高山荘(テント泊)4:50出発する。ガスっていて、いまいち、見通しがわるい。しかし、天気予報は、良いみたいであるから、信用して登りだした。涸沢岳(3103M)までの登りは、大きなガレ場を登っていく。頂上には、日の出を、写真に納めようとする人が多くいていたが、ガスっていて残念みたいである。頂上からすぐ、急激な下りが続く、クサリが布設されてあり、老夫婦が、そこを下っていたが、奥さんの方は、足がすくんでいて、おっかなびっくりで、らちがあかない。こんな調子で、これから先、この様な岩稜コースが続くので心配である。

私は、先に行かせてもらい、先を急ぐことにする。クサリ、ハシゴが、布設されてあるので、慎重に、下れば問題ないと思う。しかし、私にとっては、なかなか面白い良いコースであった。第四尾根のツルム付近に来たとき、飛騨側に、ロッククライマーが,5〜6人降りて行った。どの岩壁を登るのであろうか。私も、やってみたいが、1人では、どうしょうもない。南峰(3106M)に、登ってきたとき、立派なカメラをセットして、待っていた人がいたが、一時間以上待っていても、ガスがはれないようで、ぼやいていたが、私が来たとき、運良く、一瞬はれ、シャッターを押した。

6:40北穂高小屋到着、しばらくすると、ガスがはれ、運良く、ブロッケン現象が現れ、私の周りに後光がさし、お釈迦様にもなったみたいであった。これから先が、今日のメンコースである。北穂高小屋から、急激な下りが始まり、落石に注意しながら、降りて行く。ザイルに結ばれた、中高年の男性と、プロのガイドが、登ってきた。幾らするのであろうか。ここから飛騨側沿いに、クサリ、ハシゴのある、急激な、下りが、飛騨泣きを過ぎるまでつづくのである。そこから見る、滝谷の岩壁は、さすが、日本有数の大岩壁であることを認識した。

一度は、どのルートでもいいが登ってみたいもである。A沢のコルまで、降りてきて、やっとちゃんとした、休憩するところがあり、一本立てる。この先に、長谷川ピークがあるが、思っていたほど、険しくはなく、すこしがっかりした。しかし、ピークよりの、景観は素晴らしく、高度感あり、なかなか素晴らしいところであった。最低コル付近にて大休憩して、これから始まる南岳の岩壁を見上げた。

なかなかの迫力ある、岩壁でハシゴ、クサリ、が布設されてあるので、心配はないが、若干緊張するところである。南岳小屋付近より、後ろを振り返ると、いままで、下り、登りしてきた岩稜コースがハッキリと見ることが出来、感動した。南岳小屋より10分程度登ると、槍ヶ岳の全容が見え、写真のみ収めた。ここから槍ヶ岳までの、登山道は、歩きやすく、あまり変化のない道で、あまり面白くないので、南岳小屋に戻り、南岳新道を下ることにする。

南岳小屋11:15に出発。はじめ、だらだらした歩き安い登山道を降りて行ったが、急に岩場の下りが始まり、高度感がすごく、高度差1200Mの蒲田川(右俣谷)が見え、迫力満点であった。このコースもなかか厳しいのか、あまり登り、下りする人が少ないらしく、下山する際、小屋にて、道の状況を確認して、下山するようにと、注意書きが書いてあった。

クサリ、ハシゴがあり、このコースも急激な、下り坂である。途中、南沢の雪渓を渡りきり、しばらく下るとようやく槍平小屋のテント場(1991M)に到着した。ここから見上げる南岳も迫力があるが、西穂高稜線のジャンダルムが見え一般的に山の雑誌などに見たことのある山の格好と違うのに驚いた。

7/22(日)槍平小屋(テント泊)5:00出発、天気曇り、、西穂高稜線が見えるが、若干曇っていた。薄暗い沢沿いの道を下って行くが、岩の道なので、若干歩きづらく、苦労する。滝谷に来たとき、この沢の由来が初めて分かった。すぐ沢に入ると、大滝が現れ、これが滝谷の由来であろう。避難小屋付近に、初めて滝谷をトハンした藤木レリーフを、気にしたが見あたらなかった。そこより、一時間半程度で、新穂高温泉のゲートに到着した。ゲート近くにまだ、結構駐車している車が多くあった。この車は、何処に行っているのであろうか。そうそうに、着替えて、新穂高温泉(槍見温泉)にて、ひと風呂浴びて帰る。

追加一覧に戻る  国内登山に戻る  検索一覧