西穂高〜奥穂高縦走

西 穂 山 稜 山 行      1999,7,22〜25

7/22横浜東口そごう第一駐車場に21:00行く。上高地へ行きたかったのであるが 満席だったので、新穂高温泉行きにのり、沢波で下車して、シャトルバスにて上高地に入ることにした。新宿までシャトルバスで行き、そこでバス3台で、上高地方面と新穂高に分乗して出発である。現地には翌朝5時30分に到着すればいいので談合坂でトイレ休憩した後、勝沼より一般道に入りチンタラいくみたい。高速だとあまり早く着きすぎるためか?。

 7/23上高地には、6:30到着してカップラーメンを流しこんで6:40出発する。上高地温泉ホテルの先に立派な登山口があり、そこに登山届けを出すようになっていて、ここから深い樹林帯の中を進んで行く。中尾根のルートであるが、沢沿いの以外と急な登り坂が続き、沢の流れを右、左見ながら登っていく、高度差約1200Mの登りである。新穂高温泉のロープウェイを使えば、駅から1時間足らずで、西穂山荘までこれるが、この中尾根ルートは、登り3時間20分のきつい登りなので、あまり入山者が少ないようである。

このルートは、今から25年程前の12月末に沢渡からキスリングを背負って釜トンネルの凍った真っ暗な道をヘッドランプをたよりに歩き通し、田代橋のふもとで一人ドーム型のテントを張り一晩吹雪の中,朝までボールを握って踏ん張ったことを思い出す。 吹雪の中、中尾根ルートを使って西穂山荘まで登っていったことがあるが、やはり吹雪で何も見えず下山したことを思い出す。

 樹林帯の中、約2時間程度で西穂山荘に到着した。まだ時間が早いためか小屋には、お客がいなく、外のベンチに学生風の若者が一人だけで本人は、テントを張りたいのであるが、ヘリでの荷揚げのため、テントを張ることが出来なくて、荷揚げの終了を待ってテントを張るとのこと。その荷揚げが終了がいつになることやら。

私は、ここに宿泊して、明日奥穂に向かうのであるが、これから夜までこのロビーで暇をつぶさなくてはいけない。でも登山客が入れ替わり入って来るので、その様子を見るだけでも飽きないものである。ロープウェイで近くまで上がってこれるので、山の格好をしていない。何かあったら遭難してもしかたがないと思う。ヨーロッパ系の婦人と娘さんが、サンダルに毛の生えた様な履き物で、西穂高の方へ登っていった、事故がなければいいのだが。

 7/24 早朝3:55西穂山荘出発。すごくガスが発生していて、まだ暗いのでヘッドランプをを頼りにガスの中、奥穂へと向かった。登山者も、ここまでは安心してこれる。いくつものピークを越して行った。独標までは、なだらかなハイマツ地帯で、ここまでが一般コースで、これから先西穂まで本格的な岩稜コースで、今回ガスで何も見えなかったが、きっと晴れていれば、何百Mも急峻な谷底を見ながら登って行ったことだろう。 したがって、シヤングルムの手前までガスの中だったので、ただ鋭い岩稜を登り降りした記憶だけである。

ただ天狗岳の登りは、大きな瓦をひき詰めた様な、逆層の岩場で、クサリが何十Mも、付設して有りそれをたよりに登っていった。ガスで岩が濡れていて、慎重を要するところである。しかし、近年にないおもしろい岩稜コースで、心がわくわく してきた。 ロバの耳の先、馬の背の手前で急にガスが晴れだし、みるみる回りの景色が見える様になってきた。今巻いてきたジャングルムのその勇姿が現れ、又ガスが発生しない間に、カメラのシャッターを押しまくった。

前穂の北尾根、明神岳の岩峰、奥穂高、下を見ると、上高地が急激に落ち込んでいるガレ場の下に見る事が出来感激ものである。 携帯電話を出して見ると、通話可能だったので、川瀬さんと君江にこの感動を報告した。

奥穂経由、穂高山荘には、ちょうど12時に到着して、一人カンビールで山行の成功を祝して乾杯した。やはり乾杯は一人でするもんでない。 夕刻5時30分頃西穂から中年女性二人が、ようやく到着したが、12時間以上かかっていることだろう.‥‥・・思うに体力のない人はこのコースは危険である。

             実 績 表

7/22  横浜東口そごう第一駐車場21:30

7/23  −5:30沢渡6:00一上高地6:40一(3:20)一9:30西穂山荘

7/24  西穂山荘3:55(3:00)一5:50西穂高岳(2909M)6:00一(6:30)一10:30

     馬の背11:30奥穂高(3190M)11:40一(0:30)一12:00穂高山荘

7/25  穂高山荘4:30一(1:10)一涸沢6:00一(パロラマコース3:10)一

     一(1:00)一明神一(0:50)一11:00上高地13:00一中央高速一20:00

     一新宿一(電車) 22:30自宅

  追加一覧に戻る  国内登山に戻る  検索一覧