武 尊 山

2002年10月5日(土)

武尊神社駐車場6:00〜6:30林道終点〜7:30手小屋沢避難小屋〜8:45武尊山(2158m)9:10〜10:00剣ケ峰

山10:15〜11:45林道終点11:50〜12:20武尊神社駐車場

週末の夜、関越道を、北上して赤城高原SAで、休憩して、水上ICに向かう。SA出たとたん、2Km先で、交通事故が発生して、車が止まっていて、交通情報を聞いてみると、沼田IC〜水上IC間が、通行止である。その中にはまり込んだみたいである。

約1時間程、待たされて、ようやく、開通した。水上ICでおり、R291号で、谷川岳方面に向かい、途中から、藤原湖経由、宝台樹キャンプ場奥にある、武尊神社手前の駐車場に向かう。深夜の1:00過ぎに到着したのであるが、もう、2〜3台の車が駐車していた。天気は、良さそうで、満天の星空である。車内にて就寝。

5:30過ぎ、起床して、朝食の用意をしていると、もう出かける人がいる。さすが、100名山の山である。たまに、ここより、奥に車を乗り入れている人がいる、ゲートの門扉は、開いていたが、注意書に、これより先、道が狭く、駐車スーペスが、少なく、駐車しないで下さいと、熊注意の楯看板があった。6:00に、出発する。はばの広い、明るい林道を熊避けのスズを鳴らしながら行く。紅葉も、ちょうど今が見頃で有る。後ろから、車が入り込んできて、奥に進んで行った。

林道を20分程度歩いていくと、林道の中央に、大きな石があり、通行止めになっていた。その手前に、駐車スペース4〜5台分あるが、いっぱいであった。これぐらいであれば、下に置てきた方が無難である。林道終点まで30分程度で到着。ここから、武尊山と、剣ケ峰山との分岐があり、武尊山へと向かう。ダケカンバ、ブナの紅葉の登山道である。結構きつい所は、ハシゴ、クサリが布設されてある。

須原尾根に出て、少し登った所の、左下20〜30mに、ドラム缶を、2〜3倍大きくした手小屋沢避難小屋が見えてきた。3〜4人程度しか、宿泊出来ない小屋である。中に、ザックと、シュラフが、2個無造作に散らばっていた。近くに、沢があるので、水には困らないようだ。あくまで、避難小屋なので、もうちょっと、考えて使って欲しいものである。

又、尾根道に戻り、武尊山に目指して登る。コメツガの原生林の尾根道をひたすら、登り続けると、途中溝状の岩場があり、クサリが布設されてあるので、心配なく登ることが出来る。ここまで来ると、尾瀬の燧ヶ岳、至仏山が間近に見える。一息ついて、また岩場である。そこを越えると、シャクナゲの尾根道で、展望も開け、快適な登りである。しばらくするとハイマツのしっかりした、登り道を登りきると、武尊山(2158m)の頂上に、着くことが出来た。

頂上は、以外と広く、立派な頂上看板と、方位盤と、小さなお社があった。天気が良く、絶好の展望である。尾瀬の山々、日光連山、谷川連峰が、間近に見えたが、標高が200mも低く、一の倉の岩壁も、ここから見る限り、いまいち迫力がない。頂上から、今から行く、剣ケ峰の稜線が、ハッキリ見え、素晴らしい紅葉の縦走路であることを確認した。

ハイマツと、熊ササの生い茂る、縦走路を、剣ケ峰山(2020m)に、向かう。紅葉が、稜線より、下に向かって下りていく様子が、ハッキリと分かる。この景色を、私ひとり占めにしておくのには、非常に勿体ない気がする。山は、天気が良い日に来ないとダメである。この道を、天気の悪いガスの中、1人で歩いていても、つまらないだろう。

そうこうしている内に、剣ケ峰山(2020m)の頂上に着く。ここより、林道終点まで、甘く考えていたが、以外と道が荒れていて、慎重に下山しなければならなかった。

(参考)武尊神社より、階段を300段程、下ると、裏見の滝を見ることが出来るが、現在崖崩れの恐れがあるため、滝の裏側まで行くことが出来ない。

 追加一覧に戻る ハイキングに戻る   検索一覧