グランドティートン(川瀬和明)

2000年8月20日〜22日                  

8月にワイオミングのグランドティートン峰(4197m)をボストンヘの出張の帰りに登ってきましたので報告します。 日本ではあまり知られていませんが、昔の西部劇映画の「シエーン」に出てきた実しい山ですといえば中年登山者の方はわかると思います。

グランド・ティートン国立公園はイエロースト−ン公園のすぐそばにあり、アメリカではかなり有名な観光地で上高地と軽井沢を合わせたようなところです(物価が高い)。駐車場が標高2057m、corbet high camp が標高3413m、上が4197m.初日に1356m、二日目に784mの標高差を登ることになります。

19日3時過ぎに jackson city に着く、空港でレンタカーを借り jackon Hole Mountain Guide Officeに直行、契約の後ザック、キルティングコートなどを借りる、登山用具店に行き長紬下着上下、スキー帽、毛の手袋、サングラスその他を買う、軽登山靴はレンタル(クライミングシューズ、ゴア上下等は日本から持っていきました)がありました。

宿泊は、 alpine house B&B 。 日本で言えば、高級ペンションと言ったところですが、ボストンのホテルよりも高い!20日ガイドの markと 9時半に町を出る lupine meadows trai head まで、車で、一時間あまり、11時に駐車場発、そこから3400m余りのJHMGのcorbet high camp まで昼休みを入れて五時間程度。





上高地から涸沢といった感じか.景色はもちろん最高、途中 south teton 峰が正面に大きく迫る。ガラ場をしばらく登るとcorbet high camp に着く。大きなテント(食事用)と3人用のテントがいくつかある。このテントに2泊することになる.south teton とgrand teton の間に小さいが氷河がある。夕食はインスタントのパスタ、アメリカの食い物はヨーロッパよりもまずい。

21日朝4時ヘッドライトをつけて出発、いったんモレーン(見た目はガラ場)の上に下っていき上り返す。一息のぼり、途中岩場をやり過ごすとすぐにLower Saddleに着く.ひたすら登る北アルプスの一般ルートくらい、ただし鎖はない。7時にUpper Saddleに着く.目の前は一面壁、一般ルートは左にトラパースしてから登るそうだ、我々は右にトラパースしてから直上する.ここからガイドのMarkとアンザイレンする。

ルートは「Powell Gilky 」でグレードが5.8。 超寒い、すべて(フリース、キルティング、ゴア)着込む。前のパーティーを待ってる間、風に吹きまくられる.クラックのある壁を前のパーティーのガイドがセットしたラダー(アブミ)を使って登る、厚手の手袋をしているのでラダーが無いとちょっと登れない。

高度のせいで息が切れる.ラダーは自分が回収.ルートのプロテクションは必ずしも十分でないので、markはフレンズ、ナッツを要所要所で使っている.ここを過ぎるとグレードは5.7となるので少し楽になる。上部でEXUMリッジに合わさるとロープをはずす.まもなくGrand Tetonの頂上に着く(9時)。ここで大体止.また美味くない行動食を食べるがなかなか進まない.markは美味そうに食べる。

眼下には回りの山々小ぶりの氷河が見え、絶景絶景。イエローストーンまで見えないかと思ったが山火事のせいかモヤッティル. 下りの岩場の最後のとこが40mの懸垂下降となる、内30mは空中懸垂下降で気持ちがいい。campには1時くらいに戻った。0Campに戻ってもでしばらく深呼吸がおさまらなかった。

22日は午前中に、campの近くにあるRed Sentinelに登ってから山を降りることにする。ここは100mくらいの高さの「ローソク岩」といった感じの小ピークでグレードは、5.7〜5.8です。campから30分ほどで,red sentinelが見えてくる。見たところ、ちょっと凄い。

「え、本当にこれを登るの」とMarkに聞くとYesと言い、とても楽しいクライミングだといった。右にまいていくようだが、さっぱり見えない.「0ff the belay」と声があり、「climbing」と声をだして登り出す。ここから右の壁に回りこむが下がない。こちら側は下がすっぱり切れ落ちているので高度感があり少々ビビル。これを除けばこの後は典型的な気持ちのよいフェイスクライミング、ホールドスタンスともに細かいが2ndの気安さもあり楽しんで登れた。

3rd pitchはスリル感はあるもののまったく易しく問題なし。ピークの上はマラ岩と同じような感じだ。正面にgrand teton がそびえ、回りは360度岩壁に囲まれ、とてもリッチな気持ち。下りは50mの懸垂下降で、45mがまた空中懸垂。まずい昼食をcampに戻って食べ、後は下の駐車場にひたすら戻り。夕食に食べた寿司は大変美味かった。

 トップに戻る    検索一覧