今 倉 山(1470m)

2002年3月16日(土)

横浜(自宅)7:00〜国道413号経由〜9:10道坂トンネル(都留側)出口9:30〜10:10ススキの台地10:25〜10:40

今倉山(1470m)10:45〜10:55御座入山先(展望良い岩場)11:55〜12:11赤岩〜赤岩と御座入山の鞍部12:20〜

13:00林道〜13:10道坂トンネル(都留側)出口13:20〜道志川温泉(紅椿の湯)15:30〜17:30横浜(自宅)











道坂トンネル出口に、車5〜6台置けるスペースがあり、もう先客がいて、4WDの車が一台駐車していた。トンネルの左脇に、今倉山の登山口があり、案内板があった。振り返ると、御正体山が、まともに見え、まだ木々の間に随分雪が残っていた。トンネルの上の道を、登っていく、所々、木の陰に残雪があるが、ササが生い茂る登山道には、雪はなかった。殆ど登りぱなっしで、落葉樹の木々の間を登っていき、尾根に出ると道志の村が眼下に見えた。

天気は、いまいち悪く、曇り空である。一汗流して、ススキの台地に出たところで、振り返ると、御正体山越しに、富士山の雪の被った六合目以上が、目に入ってきた。ここで一服したが、ここまで休憩するような場所は、ほとんど無い。もう一踏ん張りで、頂上なので、頑張る。
頂上直下の、急坂を登りきったところが、今倉山(1470M)の頂上で、樹林帯の中なので、いまいち展望が悪いが、この時期、木々の葉が落ちて、見通しが良いので、何とか富士山が見えるが、新緑、夏場は、見通しが悪いだろう。

今倉山は、双耳峰で、ここが東峰で、ここから15分程度の所に、西峰(御座入山)があったが、いまいち、展望が悪く、赤岩方面に少し行ったところに、岩場があり、2〜3人座れるテラスがあり、そこにて昼食にした。ここよりの展望はバツグンで、富士山をはじめ、曇っているのにも関わらず、雪を戴いた、八ヶ岳、南アルプスの山々を、遠望する事ができた。

西峰(御座入山)を下りきり、赤岩の稜線に出たが、いまいち展望が悪く、そうそうに、今来た道を引き返し、鞍部より道坂トンネルに下山に向かう。あまり踏み跡が無いが、しっかりした道であった。所々、決壊した箇所があったが、地元の山の会が、杭にロープを張り渡してあり、安心出来る。基本的に、沢沿いの道で、要所要所に、赤ペンキで、マーキングされてあるので、道に迷う事は無いと思うが、一般向きとは、言い難い道である。

林道に出て、少し下ったところで、都留と道志に別れる車道にでて、道志方面に、10程度登った所に、トンネル出口の駐車場に着いた。
帰りは、例のごとく、道志川温泉、紅椿の湯(3時間1000円)の露天風呂に浸かり、帰路に着いた。

  追加一覧へ  ハイキングに戻る   検索一覧