鳥ノ胸山(1208m)


2002年10月27日(日)

道志(道の駅)10:10〜10:20グリーンロッジ上駐車場10:30〜11:40鳥の胸山(1208m)12:15〜

12:45駐車場12:55〜13:00〜道志(道の駅)











今日は、天気が良く、紅葉もそろそろ見頃になってきたので、車の出足が、早いようである。道志、道の駅も、まだ朝が早いのに、ほぼ満杯である。ここで、休憩して、山中湖方面に行くのであろう。我々3人は、この、道の駅奥に見える、鳥ノ胸山(1208m)を目指す。

道の駅に架かる橋を渡り、すぐグリーンロッジの看板と鳥ノ胸山の標識にしたがって、車を進めていく、左手にオートキャンプ場、その先に、ロッジがあり、そこからは、未舗装の砂利道の林道を10分ばかり走る。林道のどん詰まりに、車数台置ける駐車場があった。

杉林を、少し切り開いた、薄暗い所である。右手に、水量が少ないが、沢の水音がする。しっかりした絵の看板があり、秋葉様(????)まで、70分の標識がある。薄暗い、あまり踏まれていない、杉林の中を登って行く。しばらく行くと、しっかりした林道に出る。左の木の枝に、目印が二本垂れ下がっていて、左にルートをとる。

しばらく行くと、鳥の胸山の標識があり、それに従って、登っていく。昔は、立派な整備された階段であったが、現在は、だいぶん、荒れ果て、随分階段が腐っていて、登りづらい。まして、殆ど、真っ直ぐな登り道である。下山する時、気をつけねば、足首を痛める可能性がある。薄暗い、急な登山道を登り越し、頂上まで15分の看板の所から、道志村の向こうに、御正体山、左方向に数日前に降った雪が、しっかり富士山に付いていて、なかなか見事である。

いったん登りきって、もうひと登りした先が、鳥ノ胸山(1208m)の頂上で、山梨100名山と書いてある標識越しに、雄大な富士山が、ハッキリ見えた。ここの、丸太のベンチにて、うまいコーヒーを煎れ、富士山を堪能した。下山後、露天風呂(紅椿の湯)で、汗を流して家路についた。



2004年07月24日(土)

道志(道の駅)8:20〜8:30林道駐車場8:50〜9:50鳥の胸山(1208m)10:30〜11:30駐車場

〜11:40道志(道の駅)



















 トップに戻る  ハイキングへ戻る  検索一覧