ユーシン渓谷散策(西丹沢)

2004年11月23日(祭) 快晴
(田中記述)

玄倉林道 車止めゲート 07:45〜9:25ユーシンロッジ(昼食)10:30〜12:05玄倉林道 車止めゲート〜ビジター

センター〜丹沢湖畔〜13:10中川温泉 ぶなの湯
 










紅葉狩りと、運動不足解消を兼ねて、平塚支部3名で丹沢の秘境である玄倉川渓谷へ出かけました。 天候にも恵まれ、地元神奈川で、こんなに綺麗な紅葉が楽しめたことに感激しました。 朝早く出かけたにもかかわらず、ゲート前駐車スペースは既に車で一杯で、 道路脇に車を止め身支度を整える。 ゲートの脇を抜け、約7キロの林道を進む。対岸の山肌や木々の紅葉を眺めながら、 静けさの残った比較的緩やかな登り道である。

 ガイドブックの案内とおり、青崩ずい道は長く、曲がっているため、 懐中電灯のお世話になり、水溜りや段差など確認しながら進む。 玄倉ダム付近では、青い水面と木々の紅葉が素晴らしい。 第2発電所では、発電機の低い音が谷合いに響いていた。 そうこうするうちに、ロッジへ下る橋を左手に、最後の林道を下り、ロッジへと向かう。 


暖かな、ロッジ前で、日向ぼっこをしながら、早めのお昼の親子丼を食べ、しばしくつろぐ。トイレ付近で、鹿が散歩していた。 少しのんびりした後、ロッジを後に、林道を引き返す。 途中おおぜいの家族連れなどとすれ違う。 ずい道では、懐中電灯なしの人もいたが、足元が少し心配になる。 下り道で、少しゆとりの紅葉をめでながら、ゲート前に着く。 林道の路肩に沢山駐車した車に注意しながら、ビジターセンターに向かう。 丹沢湖畔越しに富士山が顔を出していた。 湖畔の周遊道路をとおり、中川温泉に向かう。途中の赤い紅葉がまた、素晴らしい。 ぶなの湯は混雑で2時間コースのみ。きょうの汗を流す。今年最後の紅葉狩りの一日を終える。

トップに戻る 追加一覧に戻る ハイキング部会に戻る 

検索一覧